ロレックススーパーコピーGMT-MASTER II 116758 SA時計

本質的に宝石に人間を接続する何かがあります。何千年も間、人々は幸運、保護、社会的地位、さらには癒しをもたらすためにそれらを使用して、石を崇拝し、崇拝してきました。今日では、占星術実践者は、リウマチにはルビー、黄疸にはエメラルド、糖尿病にはダイヤモンド、風に閉じ込められている(あなたは決して推測することはありません)ためにイエローサファイアを使用して、異なる石が異なる医療特性を持っていることを信じています。
こカラスように輝く日付に魅了されたは人間自身にまでさかぼり、当時人々能力について魅力的な洞察を与えてくれます。ジュエリーは古くなればなるほど、素材可鍛性が高くなり、ゴールドなど柔らかい金属がほとんどを占めています。
一方、インドではダイヤモンドが金属彫刻道具として可能性を認められ、自然まま状態でジュエリーに入れられていましたが、形を整える試みが初めて行われたは1300年代に入ってからでした。形を整えるということは、少し基礎を与えるということです。様々なファセット製作を可能にする技術を身につけるには、さらに何世紀も歳月が必要でした。結局ところ、人間が知っている最も硬い天然物質をどうやって切るか?
答えは簡単です。人間が知っている中で最も難しい物質をもっと削ればいいです。ダイヤモンドは硬いですが、脆く、簡単に粉砕して粉塵にすることができます。15世紀に工具に連続回転運動が導入されたことで、職人は、適切なファセットダイヤモンドを製造するために必要な仕上げ方法を適用することができるようになりました。これをGMT-Master IIにどように反映させるでしょうか?そためには、スイスシェーンブールにあるロレックス4つ生産施設うち、最も小さな工場を利用する必要があります。最も小さいと言っているは、半地下にある10階建て建物です。ここで文字盤が作られ、石がセットされる。時計を飾る宝石は、地下にある何十万もコレクション中から選ばれたもです。内側はすべて完璧です。ほとんど完璧なも、完全に完璧なも。こような備蓄があるため、偽物ダイヤモンドや研究所で生産された石を受け取る危険性が非常に高いため、ロレックスは光を使って良いもを良いもから選別する機械を導入しています。こ機械でろ過される石数はどれくらいですか?1000万個に1個です。とはいえ、後悔するよりは安全な方がいいです。